beSTORMソフトウェア・セキュリティ検査ツール

独自プロトコルであっても、ネットワーク化されたアプリケーションのセキュリティを検査する研究室用。

すべてのネットワーク化されたアプリケーションのための包括的なセキュリティ検査

詳細および無料トライアル





  beSTORMの詳細:
  beSTORMの概要
  検査例
  beSTORMの機能
  バージョン比較
  プロトコル・モジュール
  よくある質問
  ホワイト・ペーパー
  テスティモニアル
  今すぐbeSTORMのお試しを

beSTORMは、開発中に製品のダイナミックなセキュリティ・テストを行っており、デプロイメントの前にネットワーク化されたアプリケーションの安全を証明するため、ネットワーク管理者が使用することができます。 アプリケーション・セキュリティをテストするための12個の相異するツールを使用できるソフトウェアQA部門は現在、1個だけですべてのダイナミックなセキュリティ検査を行うことができます。 デプロイメントの前にアプリケーションを証明しなければならない管理人は現在、独自プロトコルのあるものであっても、すべてのネットワーク化されたアプリケーションを検査するため、1つのツールを使用することができます。

以前は政府と大会社だけが利用できたbeSTORMは、ネットワーク機器とソフトウェアのセキュリティ問題を特定してきた長く定評のある歴史を確立しています。 簡単に使用できるのに、軍隊がデプロイするほど強力なbeSTORMは、多くの使いにくいか、サポートと実証が十分でないツールと置き換えることができ、あらゆる規模の企業が自らのソフトウェアQA手続きに組み込むことができる、標準的、確実、かつ反復可能なセキュリティ検査手続きを提供します

技術的に、beSTORMは、商業用、ブラックボックス、高機能のファザーです。 beSTORMは、研究室環境で使用されており、開発中にアプリケーション・セキュリティを検査し、またはデプロイメントの前にソフトウェアおよびネットワーク化されたハードウェアを認証します。 完全な技術上および開発上のサポートを伴い、ソース・コードが必要なく、ソース・コードを使用せず、最初に最も一般的で最も可能性のある障害シナリオを検査し、ほぼ無限の攻撃の範囲にまで広げることによって、迅速に結果を提供します。


すぐに当社に連絡し、ソフトウェア・セキュリティ検査についての疑問の答えを見つけてください。

詳細および無料トライアル